音読パッケージ

【英語】音読パッケージのまとめ。社畜でもTOEICが500点UPした驚きの勉強法!

音読パッケージってほんとうに効果あるの?

音読を始めようか悩んでる。どれくらい時間かかるんだろ?

このような方に向けた記事です。


当記事では、音読パッケージの効果、やり方、おすすめ教材などの情報を網羅的にまとめました。

詳しい内容を知りたい方向けに、各項目を深掘りしたリンクも掲載していきます。


既に音読パッケージをやっている方にもおすすめの内容です。是非ご覧ください。

 

少しだけ前書き

この記事を書いている私は、
音読パッケージのおかげでTOEICを
400点台から905点までUPさせることができました。

この記事を読まれている方の中には、
「音読なんてほんとうに効果あるの?」
と思われている方も多いと思います。

私自身も音読に効果があるのか分からず、
悩んだ時期がありました。

しかし、英語で仕事をできるようになるまで成長した今、音読が全ての英語力のベースになっていると実感しています。

社畜で時間がない中でも英語が上達したのは音読パッケージのおかげです。

この記事では私がおすすめする
音読パッケージの情報をまとめました。

この記事を読むと

  • 期待できる効果
  • 必要な勉強時間
  • トレーニングのやり方
  • 挫折しない方法
  • どんな教材をつかうのか。

がだいたいわかると思います。

音読パッケージを一言で説明!

音読パッケージをひとことで説明すると、
従来の音読

  • リピーティング
  • シャドーイング

という2つのトレーニングでサンドイッチした英語勉強法です。



下の図がイメージです。

①〜④合計で100回が目標です。

実感した3つの効果

私は音読パッケージを400時間ぐらいつづけているのですが、音読パッケージには特に3つの効果があったと感じています。

特に実感した3つの効果

  1. 文法/単語の知識が定着。会話で使えるように。
    「わかる」から「できる」に。
  2. 英語を英語の語順のまま処理できるようになった。
  3. リスニングと発音が大幅に改善。

 

①文法/単語の知識が定着。
「わかる」が「できる」に。

音読で自ら発音することにより、
あいまいになっていた文法/単語の知識を定着させることができました。  

また音読パッケージはアウトプットの練習にもなります。
知識を実際の会話で使えるようになってきました。

②英語を英語の語順で理解できるようになった。 →処理スピードがUP!

音読をくりかえすことで、
英語を英語の語順で処理する「英語脳」が育ったと感じています。

音読パッケージをする前は、
英語を必ず日本語に変換しながら聞いたり話したりしていました。

英語を処理するスピードは遅く、
特に会話ではなかなか言葉が出ずに悩んでいました。

しかし音読により英語の語順に慣れることができ、英語を処理するスピードが格段にがってきました。

③リスニング・発音が改善

リスニング力も大幅に改善しました。

音読パッケージをやって気がついたのは、
「自分で発音できない英語は、聞き取ることもできない。ということです。

下の図がイメージです。

人間は「発音できる」かつ「意味がわかる」言葉のみリスニングすることができると言われています。

音読パッケージは「発音できる」・「意味がわかる」言葉の範囲を同時に広げるトレーニングで、リスニング力UPにとても効果があるのです。

 

音読パッケージの効果についてもっと知りたい方はこちら!

音読パッケージは効果なし?正しいやり方なら確実に英語力がUPします。

 

音読パッケージで必要な勉強時間

中学レベルで100〜200時間
高校レベルで400時間!

どのくらい勉強すれば効果が出るのか、気になる方は多いと思います。

まずは私の実体験に基づく勉強時間の目安を紹介しますね。

勉強時間の目安(英語初心者の場合)

  • 中学レベルマスター 
    100〜200時間 (半年)

  • 高校レベルマスター
    400時間   (〜1年)

カッコ内は1日1時間勉強した場合

この勉強時間はこちらの前提で考えています。

  • 中学レベルまで教材1〜2冊必要
    高校レベルまで教材3〜4冊必要

  • 1冊に100時間かかる

参考までに私が取り組んできた教材と勉強時間を貼っておきます。

レベル

教材

勉強時間(h)

勉強期間

内容

中学

みるみる英語力がアップする
音読パッケージトレーニング

100

3ヶ月

音読・リピーティング
・シャドーイング

100

英会話ぜったい・音読 標準編

100

3ヶ月

高校

英会話ぜったい・音読 挑戦編

100

3ヶ月

速読英単語 必修編

30(継続中)

音読パッケージのやり方
ポイントは2つです。

ここからは音読パッケージのやり方を簡単に説明します。

ポイントはこちらの2つです。

①音読/リピーティング/シャドーイングをひたすら繰り返す。
②サイクル回しで100回の音読を達成。

ポイント① 音読/リピーティング/シャドーイングを100回くり返すのが音読パッケージ

音読パッケージのやり方はシンプルです。

①〜④の順番でリピーティング・音読・シャドーイングをひたすらくりかえすのがトレーニング内容となります。

①〜④合計で100回を目標にします。

しかし、100回と聞くと気が遠くなりそうですよね、、、


同じ英文とはいえ100回音読していたら何時間もかかってしまいます。

安心してください。

音読パッケージでは「サイクル回し」で音読100回を達成することができます。

ポイント②「サイクル回し」なら100回を達成できる!

音読パッケージでは、トレーニングを何回かに分ける「サイクル回し」で100回の音読を達成します。

言葉だけで説明するのは難しいので、
私がやっているサイクル回しの例をお見せします。

教材を何周かに分けて取り組み、
合計で100回を目指すのがサイクル回しです。


回数を重ねるごとに理解が深まるので、
徐々に回数を減らすことができます。

(補足)リピーティングとは?

リピーティングについて知らない方に向けて、補足で説明します。

リピーティングは、ポーズ(休止)を入れてながら英語の音声を聞き、
それを真似して発音するトレーニングです。


聞こえた英語を再現して発音するので、
英単語1つ1つを正確に聞き取る能力が身につきます。

(補足)シャドーイングとは?

シャドーイングについても説明します。

シャドーイングとは
テキストを見ずに英語の音声を聞きながら、少し遅れて真似して発音をするトレーニングです。

2秒程度遅れて着いていくのが目安です。

もともとは通訳学校で指導されていたトレーニングすが、その効果の大きさから現在では一般的な勉強法になりました。

シャドーイングができるということは、
自力で発音・抑揚・スピードを再現できるということです。

リスニングに最も効果があるトレーニングの1つです。

挫折する人が多いです。
デメリットと対策は?

ここまでは音読パッケージの効果とやり方をまとめてきました。

音読パッケージは英語の基礎力UP・会話の瞬発力に大変効果がありますが、
一方で挫折する人が多いトレーニングでもあります。

ここでは音読ぺッケージのデメリットと挫折を防ぐ対策をまとめます。

音読パッケージのデメリット〜挫折しやすい2パターン〜

パターン① 音読パッケージが難しい・うまくできない。

  • 文章が難しすぎる。
  • リピーティング・シャドーイングがうまくできない。

パターン② モチベーションが続かない

  • 1周するのに時間がかかる。
  • 1周目で30回音読するのはしんどい。

私もこの2パターンで挫折したことが何回かありました。

音読パッケージは結構負荷のかかるトレーニングですし、単調で効果がわかりにくいデメリットもあります。

挫折を防ぐにはこの2パターンへの対策が必要です。

2パターンへの対策一覧

私がやっている挫折対策を簡単に一覧にしました。

対策:音読パッケージが難しい・うまくいかない場合

対策① 自分のレベルに合った教材で再スタートする。
対策② 音声の再生速度を遅くしてみる。

対策:モチベーションが続かない場合

対策① 定期的にTOEICを受験し、目標をつくる。
対策② 英会話もやってみる。音読が会話に効果があることを実感する。
対策③ 語学の勉強は時間がかかることを受け入れる
対策④ 一番つらいのは1周目→1周目の反復回数を減らして乗り切る

自分のレベルに合わせてやり方をアレンジしたり、音読以外の刺激を取り入れることでモチベーションを維持することができました。

地道で時間もかかりますが、音読パッケージはとても確実性のあるトレーニングです。

苦しい時もあると思いますが、
工夫を重ねて継続していきましょう!

音読パッケージでおすすめの教材

おすすめの音読教材を一部紹介します。
私が使用した本をレベル別にまとめました。

教材については下記記事で詳しくまとめています。ぜひご覧ください。

【英語】音読や音読パッケージでおすすめの教材を紹介します。

おすすめの教材〜中学生レベル〜

みるみる英語力がアップする
音読パッケージトレーニング

多くの人がこの本で音読パッケージを始めているのではないでしょうか。

音読パッケージの産みの親である、
森沢洋介氏の著書です。

中学教科書から音読パッケージに適した英文を抜粋した内容。

この本のいいところは、
音読パッケージをするために書かれた本であることです。

おすすめポイント

音読パッケージに最適化されている。
・通常の音声だけでなく
 リピーティング用にポーズがついた
 音声も収録。

・1つの英文の長さが反復に適している。(1分程度)

・森沢氏自身の音読に対する考え方が書かれており、参考になる。

 

英会話ぜったい・音読  標準編

音読の重要性を訴え、「同時通訳の神様」とも呼ばれる國弘正雄氏の本です。

こちらも中学教科書の抜粋で、
「みるみる〜」と同じ要領で使用できます。

私は「みるみる〜」の後の2冊目の教材として取り組みました。

おすすめポイント

・音声CD付き。

・1つの英文の長さが反復に適している。(1分程度)

・國弘氏による解説が良い。
 音読の効果についての見解が載っており、ものすごく参考になる。

注意する点

この本にはリピーティング用の
ポーズ付き音声がありません。

音読パッケージをするには
やり方を工夫する必要ありです。

(例)
・自分で音声をストップしながら
 リピーティングをする

・リピーティングではなく
 テキストを見ながらのシャドーイングで代用

筆者おすすめの教材〜高校レベル〜

英会話ぜったい・音読  挑戦編

「英会話ぜったい・音読 」の続編です。
 内容が高校レベルにレベルアップしています。

中学レベルの音読が完成した後の教材としておすすめです。

速読英単語 必修編

Z会が出版する本で、大学入試の基礎固めとして重宝されている本です。

「英文を暗記することで単語も憶える」というコンセプトで、音読にもってこいの教材です。

こちらもCDが付属しており、
音読パッケージに使用できます。

まとめ

この記事では音読パッケージについて網羅的に情報をまとめました。

音読パッケージは知識の底上げやアウトプットの上達に効果があるトレーニングと言われています。

私も英語のあらゆる面(会話、メール、リスニング)に音読が役立つと実感しました。

時間がかかることや、効果がわかりづらいことが難点ですが、継続すれば必ず英語は上達します。

ぜひ音読にトライしていただければと思います。

今後は音読パッケージについて深掘りした記事を追加していきます。

ぜひご覧ください。

-音読パッケージ

© 2020 社畜の英語.com Powered by AFFINGER5